「CHiCO with HoneyWorks」ライブでしかその姿を拝めないミステリアスなコラボユニット!10代からの指示が厚いおすすめアニソン歌手です!

CHiCO with HoneyWorksとは

 

ソニーミュージックグループ主催の全国区オーディション「ウタカツ!」で第一回グランプリとなった「CHiCO」とネット動画総再生回数4億回超えのクリエイターチーム「HoneyWorks」からなるコラボレーションユニットです。2014年8月に出したCD「世界は恋に落ちている」でCDデビューをすると、YouTubeで4000万回再生され一躍話題となりました。また、これまでにリリースしたシングルやアルバムの動画もアップロードし続けており、それらの動画の総再生回数は2億回を超えています。しかし、メディア出演に関しては音声以外制限をしており、その姿はライブでしか見ることができません。また、一般的な知名度は高くありませんが、アニメとのタイアップが多いことや歌詞に共感しやすいことから10代からの支持率が非常に高いのが特徴です。

 

メンバープロフィール

 

CHiCO

 

1月27日生まれのボーカル担当です。顔や年齢は公開していません。もともとアニソンが好きで、その中でも「川田まみ」さんや「茅原実里」さんたちに影響を受け、憧れを抱いていたようです。高校時代には軽音楽部でアニソンをカバーして披露していた経験があります。2013年にソニー・ミュージックエンターテインメントSDグループが主催となって開催した「アニソン」「ボカロ」の全国区オーディション「ウタカツ!」に出場すると、見事第一回グランプリに輝いたという実力の持ち主でもあります。そして、その事がきっかけとなり、クリエイターチーム「HoneyWorks」とコラボすることが決定しました。その後、2014年にCHiCO with HoneyWorksで出したシングルCD「世界は恋に落ちている」がCHiCO with HoneyWorksのデビューとなると同時にCHiCO本人の歌手デビューとなりました。

 

HoneyWorks

ボーカロイドを使った楽曲や動画を制作し、「ニコニコ動画」という動画投稿サイトにアップロードしていた「Gom」さん「shito」さん「ヤマコ」さんを中心として成り立つクリエイターチームです。 なお、以下に挙げた人物はCHiCO with HoneyWorksに加入しているメンバーの一部であり、実際はこの他にもメンバーやサポートメンバーがいます。

 

Gom(ゴム)

作編曲プロデュース担当をしています。2007年に活動を開始し、もともとは「歌ってみた」というジャンルに投稿しており、ニコニコ動画では700万回を超える動画再生回数となるなど、人気も高いです。特に「思い出は億千万」では話題をかっさらい、そこからファンになった人も多いです。ギターを演奏することができ、弾き語りを披露することがあったり、様々な人たちとユニットを組んだりと活動の幅が広いです。

 

shito(使徒)

Gomさん同様、作編曲のプロデュースを担当をしています。2007年からもともとは「演奏してみた」というジャンルでベース演奏の投稿をしており、Gomさん同様人気が高いです。

ヤマコさん
イラストやムービーを担当しています。2009年よりニコニコ動画での活動を始めました。

 

OJi(オジ/海賊王)

2011年から制作に参加し、2012年に正式に加入しました。CHiCO with HoneyWorks名義のほとんどの楽曲制作やギターを担当しています。CHiCO with HoneyWorks以外でもギタリストとして活動するだけではなく、ギターレッスンを開いて講師を務めるなど幅広く活躍しています。

 

cake

2014年にHoneyWorksに加入し、ピアノ兼キーボードを担当しています。「言葉のいらない約束」などHoneyWorksの楽曲のピアノバージョンを演奏し、YouTubeに動画をアップロードしています。

 

AtsuK!(アツユキ)

2014年に加入し、ドラムを担当しています。ニコニコ動画では2013年より活動しており、CHiCO with HoneyWorksだけではなく様々なアーティストのレコーディングやライブにドラマーとして参加するなど、実力は折り紙付きです。

 

Hiroki169(ヒロキ)

2014年よりライブサポートメンバーとして参加しており、ベースを担当しています。CHiCO with HoneyWorks以外にも複数のバンドを組んでおり、バンドによっては作曲を務めていることもあります。

 

略歴

 

2010年にゴムさんと使徒さんが共同で楽曲制作をし始めました。そして、その楽曲の動画イラストをヤマコさんに依頼したことがきっかけとなりHoneyWorksが結成されました。
2014年にCHiCO with HoneyWorksとして活動を始め、デビューシングルである「世界は恋に落ちている」をリリースすると動画再生数が4000万回を超えるなど記録を作っています。
2017年の夏に全国9カ所のライブハウスを回るライブツアーを行いました。
2018年3月には初の日本武道館での単独ライブ開催されます。

 

代表曲

 

「世界は恋に落ちている」

CHiCO with HoneyWorksのデビューシングルCDであり、テレビアニメ「アオハライド」のオープニングテーマとして使用されました。切ない恋心を歌っているのですがサウンドは明るく、CHiCO with HoneyWorksの楽曲の中でも人気が高い楽曲です。また、YouTubeでの動画再生回数は4000万回を超えており、なおも再生回数を伸ばし続けています。有料音楽配信ではダウンロード数が10万を超えたり、この楽曲が収録されているアルバムの初週で2.4万枚売上たりと様々な記録を作っています。

 

「プライド革命」

テレビアニメ「銀魂°」のオープニングとして使われた楽曲で、それまでの楽曲とは違うどこか男っぽいような楽曲となっていることもあり、男女問わず歌われています。また、「銀魂°」に使われたということもあり、それまでCHiCO with HoneyWorksを知らなかった層に知られるきっかけともなりました。歌詞に込められた「弱い人間でも前に進めれる」という強い意志とPVに収録されたストーリーとがマッチングしており、10代以外からも人気の高い楽曲となっています。

 

「アイのシナリオ」

テレビアニメ「まじっく快斗1412」の第2期のオープニングとして使用され、「まじっく快斗1412」を知っている人にはその世界観とリンクする歌詞となっています。また、歌詞の1番には「過去」が、2番には「現代」がテーマとなっており、サウンドは疾走感の溢れる楽曲となっています。楽曲だけでなく、PVに収録されているストーリーアニメ映像も人気があります。

 

まとめ

 

前述にもあるようにCHiCO with HoneyWorksは10代を中心に人気を博しているコラボレーションユニットです。CHiCO with HoneyWorksに加入しているメンバーやサポートメンバーは他のバンドや活動の場を持っており、多岐にわたる活動をしています。また、デビュー後も正式加入するメンバーが何人かいるため、メンバーの正式な人数は定まっておりません。
デビューから現在までCHiCO with HoneyWorksの楽曲は様々な記録を作っていますが、楽曲もさることながらPVに収録されているストーリーアニメ映像も素晴らしく、楽曲と映像の両方からファンを魅了しています。しかし、そんなCHiCO with HoneyWorksですが、メディア出演は音声のみでメンバーの顔や都市を公開していないなど、未だその正体は謎めいています。

6か月前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です